忍者ブログ

東京都 台東区竜泉在住の東久留米市出身の探偵!調査実例・防犯対策・情報収集法・自分で出来る浮気調査など紹介してます♪キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT

05.28.02:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/28/02:47

11.09.12:37

交際中の男性にお金を貸し、逃げられてしまった女性・・・

まず、男性の個人情報がどれだけ揃っており、どの様な状況で依頼を思い立ったのかを聴取。
男性とは、3ヶ月程前にメールの出会い系サイトで知り合い、その後急速に交際が深まり、2~3日おきに依頼人の家に男性が泊まりに来るようになった。
その後、結婚の話が出だし、男性が自分には借金があるから今は無理、これが無くなってからならいつでも大手を振って一緒になると約束。借金の総額は300万円近くあると言っていたとの事でした・・・

                             

その時依頼人は、これまでの預貯金の250万円を数回に渡って男性に貸し、
その後連絡が取れなくなったと言う・・・
男性の情報としては住所・氏名・携帯番号のみで、仕事は何をしているのかも分からないらしい。
まず、男性が女性に申告していた住所地に確認に行くと、電気メーターも回っておらず、誰も住んでいる気配が無い。とりあえず、電気メーター番号と電気メーターの数字、水道メーターの数字を控え退散。
直ちに、データ調査により、電力メーター番号から契約者名の割り出しを行う。
2日後、対象住所に行ってみるが、電気水道共にメーターは動いておらず、また、電力契約者名も違う人物の名前であることが判明・・・
どうりで、部屋が汚れているからという理由で、彼女を一度も部屋に呼ばなかったわけである。
こうなると、氏名も本名であったのかどうか不安がよぎる。

                             

次に、携帯電話から、契約者氏名・住所の割り出しを進める。僕の会社のホームページトップの左下、「キャリア検索」でボーダフォン東日本(東京)と判明。同日中に回答があり、この番号は無登録のプリペイド携帯電話と判明!
「計画的な結婚詐欺だろうか」「あとは立ち寄りそうな場所での張り込みか」「残るは氏名のみから保険のルートで捜してみるか」可能な限りの調査方法を検討。
依頼人には、大よその居住地域を特定して、氏名のみから選挙人名簿を閲覧する方法しかない事、費用も嵩む故を伝え、相談の結果、調査続行。
他に手掛かりになるような情報がないか聴取した所、2回目の振込みの時、兄に借りた現金50万円を振り込んで欲しいと言われ、その振込み明細がまだ手元にあると言う。早速、その口座番号から契約者氏名と住所を割り出す。

                             

2日後に、契約者の住所が判明した。その住所から今度は住民票の請求をしてみた所、住民票の除票が導き出された。住所を変更しても、5年間は転出先の住所が判明するのである。
この除票から住民票を閲覧した結果、家族は両親の他に姉が一人だけ。兄と偽っていた名前が、調査対象者の本名と断定。生年月日も1日ずれていた。

                             

この氏名と生年月日から、サラ金と信販の履歴を割り出してみた。確かに現在も100万円以上の借金がある。住民票記載の本籍地から念のため戸籍謄本も取得してみるが、特に変わった環境にはないようだ。
およそ、住民票記載の住所の転送先に居住しているとみて間違いはない。
情報を揃えて依頼人に相談。 転送先が判明してから同行して欲しいという。 10日後に転送先が判明して、即日現場に同行する。

                             

男性は昼間から部屋で何もせずにゴロゴロとしていて、口をあんぐり空けて呆然としている。
依頼人がことの次第を問い詰めると、涙を流しながら謝ってくる・・・
心から愛していたし、本当に悪気は無かったが、彼女への返済の目途も立たず、自分が情け無くなって連絡を絶ったのだと言う。初め偽名で交際を始め、途中から本気で愛してしまった為、本当の事を言いづらくなったとのこと。
男性の言葉に、大きな嘘偽りは無さそうだと依頼人に告げると、調査はここまででよいとの話、あとは2人に任せて退散しました。

PR

10.11.03:09

交際中の男性にお金を貸し、逃げられてしまった女性・・・

                

まず、男性の個人情報がどれだけ揃っており、どの様な状況で依頼を思い立ったのかを聴取。
男性とは、3ヶ月程前にメールの出会い系サイトで知り合い、その後急速に交際が深まり、2~3日おきに依頼人の家に男性が泊まりに来るようになった。
その後、結婚の話が出だし、男性が自分には借金があるから今は無理、これが無くなってからならいつでも大手を振って一緒になると約束。借金の総額は300万円近くあると言っていたとの事でした・・・

その時依頼人は、これまでの預貯金の250万円を数回に渡って男性に貸し、
その後連絡が取れなくなったと言う・・・
男性の情報としては住所・氏名・携帯番号のみで、仕事は何をしているのかも分からないらしい。
まず、男性が女性に申告していた住所地に確認に行くと、電気メーターも回っておらず、誰も住んでいる気配が無い。とりあえず、電気メーター番号と電気メーターの数字、水道メーターの数字を控え退散。
直ちに、データ調査により、電力メーター番号から契約者名の割り出しを行う。
2日後、対象住所に行ってみるが、電気水道共にメーターは動いておらず、また、電力契約者名も違う人物の名前であることが判明・・・
どうりで、部屋が汚れているからという理由で、彼女を一度も部屋に呼ばなかったわけである。
こうなると、氏名も本名であったのかどうか不安がよぎる。

次に、携帯電話から、契約者氏名・住所の割り出しを進める。僕の会社のホームページトップの左下、「キャリア検索」でボーダフォン東日本(東京)と判明。同日中に回答があり、この番号は無登録のプリペイド携帯電話と判明!
「計画的な結婚詐欺だろうか」「あとは立ち寄りそうな場所での張り込みか」「残るは氏名のみから保険のルートで捜してみるか」可能な限りの調査方法を検討。
依頼人には、大よその居住地域を特定して、氏名のみから選挙人名簿を閲覧する方法しかない事、費用も嵩む故を伝え、相談の結果、調査続行。
他に手掛かりになるような情報がないか聴取した所、2回目の振込みの時、兄に借りた現金50万円を振り込んで欲しいと言われ、その振込み明細がまだ手元にあると言う。早速、その口座番号から契約者氏名と住所を割り出す。

2日後に、契約者の住所が判明した。その住所から今度は住民票の請求をしてみた所、住民票の除票が導き出された。住所を変更しても、5年間は転出先の住所が判明するのである。
この除票から住民票を閲覧した結果、家族は両親の他に姉が一人だけ。兄と偽っていた名前が、調査対象者の本名と断定。生年月日も1日ずれていた。

この氏名と生年月日から、サラ金と信販の履歴を割り出してみた。確かに現在も100万円以上の借金がある。住民票記載の本籍地から念のため戸籍謄本も取得してみるが、特に変わった環境にはないようだ。
およそ、住民票記載の住所の転送先に居住しているとみて間違いはない。
情報を揃えて依頼人に相談。 転送先が判明してから同行して欲しいという。 10日後に転送先が判明して、即日現場に同行する。

男性は昼間から部屋で何もせずにゴロゴロとしていて、口をあんぐり空けて呆然としている。
依頼人がことの次第を問い詰めると、涙を流しながら謝ってくる・・・
心から愛していたし、本当に悪気は無かったが、彼女への返済の目途も立たず、自分が情け無くなって連絡を絶ったのだと言う。初め偽名で交際を始め、途中から本気で愛してしまった為、本当の事を言いづらくなったとのこと。
男性の言葉に、大きな嘘偽りは無さそうだと依頼人に告げると、調査はここまででよいとの話、あとは2人に任せて退散しました。